キャンプに水筒は要るのかい?

キャンプに水筒って持っていく意味あるの?
キャンプデビュー前は、にわか父さんもそう思っていました。

ところがどっこい。
おしゃれキャンパーたちは、インスタでSTANLEYの水筒やらYETIの水筒やらを飾ってるではないか。

玄人感出したいにわか父さんとしては、これは見て見ぬふりはできない。おしゃれ水筒は必要なギアだ、そう確信していました。

すると、文化系ママから核心をつく一言が出ました。

水筒なんか買ってさ、いったい何を入れるわけ?

文化系ママ

にわか父さん

いや、その…。俺もよくわかってないんだ。何かでしょ。

文化系ママは納得ができず首を傾げていましたが、にわか父さんはSTANLEYの渋い感じに惚れてしまい、つい買ってしまいました。

買ってから気づきましたが、水筒があるのとないのとで快適さが全然違う。ただ、保温・保冷効果が良いものでないと意味がないかもです。そんな気づきをお伝えします。

暑い時は氷だけ入れて持っていくと便利

自分が飲みたい飲み物を入れていけばいいのですが、案外、氷だけ入れて持ってくっていうのは便利です。
たとえば、道中でお茶なりアイスコーヒーなど飲み物を買い足した時。もし氷の入った飲み物を持っていってたら、その買い足した飲み物を冷やして飲むのが面倒です。氷だけ入った水筒を持っていけば、水筒から氷を取り出して買った飲み物に入れればすぐ冷やすことができます。これが便利なのです。
文系なので原理がわかんないですが、氷だけ水筒に入れて持ってく方が長持ちしそうですしね。

寒い時は熱湯を入れていくと便利

にわか父さんはキャンプ場でコーヒー飲みます。キャンプ場では、夏以外の季節は寒いからもちろんのこと、夏でも明け方は冷え込むところがあるので、温かいものが飲みたくなるものです。
にわか父さんも最初はいちいちケトルでお湯を沸騰させていたのですが、これが意外に面倒です。
焚き火で水を沸かすなんてワイルドでかっこいいなとか思ってたのですが、水が臭くなるし。
熱湯を家で水筒に入れて持っていけば、かなり時短になります。ドリップコーヒーとか紅茶のパックを持っていけば、すぐに温かいものが飲めます。これは体験するとこっちの方が断然、楽ちんだなって思いました。

空っぽでも持っていけば良いじゃん

あともう、空っぽでも持っていけばいいじゃんって思います。かっこいい水筒がさりげなくちょこんと置いてあれば、それだけでサイトが映えます。にわか父さんも買ったSTANLEYのボトルは、早朝に入れた熱湯が翌朝にも「あっ、ち!!」と叫ぶくらい熱いままの状態です。上空1200mから落としても壊れないとかいう伝説もあるし。やっぱ頑丈でしかもおしゃれなやつは、買って後悔することないです。

以上、水筒があるとキャンプが快適になるお話でした。まだ持っていったことがない人はぜひおすすめです!