秋ヶ瀬公園でのデイキャンプをブログレポート

秋ヶ瀬公園

さいたま市で人気の秋ヶ瀬公園でデイキャンプしてきましたのでレポートします!

秋ヶ瀬公園の基本情報

施設名 秋ヶ瀬公園
住所 〒338-0835 埼玉県さいたま市桜区道場 4-17
バーベキュー利用方法 ①BBQサービス(区画サービス、BBQサービス)
②炊飯場
③バーベキューエリア ※2020年10月現在、利用制限中
サイト広さ BBQサービス(区画サービス):直径6m 定員10名まで
炊飯場:広さ不明、定員は1区画8人程度
サイト地面 BBQサービス:芝
炊飯場:土
営業時間 BBQサービス:土日祝のみ 9:00~16:00 ※9:45までに受付
炊飯場:8:30~17:00 ※10:00までに管理事務所で受付
施設特徴 BBQサービス:区画貸しサービスは、飲食、機材持ち込み可。
炊飯場:カマドとテーブルとイスはある。食材・鉄板・燃料等を自身で持ち込み。
秋ヶ瀬公園公式ホームページ http://akigase.jp/
秋ヶ瀬公園公式Twitter 秋ヶ瀬公園【公式】
予約受付サイト ①BBQサービスの場合:デジキュー(https://digiq.jp/akigase/)
②炊飯場の場合:埼玉県県営公園 施設予約サービス

※2020年10月調べ

ネットで検索だと、デジキューという予約受付サイトの方が検索上位に出てきて、公園の公式情報になかなかたどり着けないのですが、公式ホームページはtwitterから辿っていけます。

秋ヶ瀬公園でのバーベキュー利用方法は3つあって、一つ目は、秋ヶ瀬公園の西洋庭園内でのバーベキューができる「BBQサービス」。これは株式会社デジサーフに予約受付業務やBBQ機材の貸出しサービスを委託して運営されている感じで、予約はデジキューというサイトから行います。さらに、デジキューの中でも利用方法が選べて、食材・機材は自分で持ち込む「区画貸しサービス」、テーブル・イス・コンロセットなどをレンタルできる「BBQサービス」のどちらか選べるようになっています。(ネーミングがややこしいなぁ。)

二つ目のバーベキュー利用方法は、カマドとテーブルとイスをセットで1区画として利用できる「炊飯場」。こっちは、どうやら埼玉県が予約受付やら運営しているみたいで、「埼玉県県営公園 施設予約サービス」という古風なサイトから予約申込みができます。

最後の3つ目は、無料、予約なしで利用できる「バーベキューエリア」。焚き火台とかバーナーなどの火器一つ持ち込みにつき500円かかるみたいですが、火器を使わなければ無料。ただ、これがコロナの影響で2020年10月時点では利用禁止みたいです。

秋ヶ瀬公園の評価〜にわか父さん的にはこんな感じ〜

にわか父さんらは、10月中旬に区画貸しサービスで区画15を利用しました。

MEMO
にわか父さんの独断と偏見で、主観を多分に交えて評価しています。
キャンプに何を求め、どのように感じるかは、人それぞれです。それに天候条件やサイトによっても評価は変わるものです。あくまでも参考程度におなしゃす。
ここでの思い出の評価
自然度合い
(3.0)
景観の良さ
(3.0)
運営スタッフのホスピタリティ
(3.0)
施設の清潔さ
(2.5)
施設の充実性
(2.0)
サイトの広さ
(3.0)
サイトのプライベート性
(3.0)
サイトの水捌けの良さ
(4.0)
周辺施設の充実度
(2.0)
サイト利用料の安さ
(3.5)
総合評価
(3.0)

テントが張れる公園ってほとんどないらしいので、そういった意味だと貴重な場所です。トイレなどの施設は、自治体が管理している公園なので綺麗ではないのですが、あるだけマシです。区画貸しサービスの評価としては、まずサイトの広さは指示された直径6mの区画ではちょっと狭いのですが、公園自体が広いのでちょっとぐらいはみ出してもそんなに問題にならないみたいです。(周りの利用者見ても、ほぼみんな枠内に収まっていないように見えました)

前日は結構、雨降っていて地面がびちょびちょになっていないか心配でしたが、綺麗な芝が生い茂っていたおかげで水捌けはかなりよかったです。なんか感じの悪いスタッフさんがいて(こっちがルールを破る前提で接してくる)、そこだけ気になりましたが、デイキャンプで2,000円、10名までOK、しかもゴミも回収してくれるってことでトータルで見たら、なかなかコスパいいんじゃないかと思いました。

秋ヶ瀬公園のおすすめブログ記事

MEMO
ブログで他のブログ記事を勧めてなんなんだって感じですけど、先輩のベテランキャンパーさんたちがとってもわかりやすくレポートしてくれていて。読んでるだけでもキャンプ気分味わえますよ。ぜひチェックしてみてください。

秋ヶ瀬公園のデイキャンプレポート

予約

情報集めたり、予約しようってなったら、普通、GoogleかYahooで「秋ヶ瀬公園 バーベキュー」って検索すると思います。それで一番上位に来てたのが、デジキューの予約サイト。はじめこれを秋ヶ瀬公園の公式ホームページだと思ってたのでなんか混乱しました。秋ヶ瀬公園の公式サイトとか公式Twitterは、情報発信をもっと頑張ってほしいなって思っちゃいます。きっと困ってる人、いっぱいいるだろうし。

当日、駐車するまで

BBQ場行く前にどこかに寄って具材を買っていくのでもいいのですが、洗い場の様子がわからないし、現地で調理できる環境じゃなかったらまずいので、事前に前もって揃えておくことになりました。ゴミも、もしかしたら回収してくれないし。ゴミは持ち帰りって書いてあるブログ記事も見かけたので、備えはしておこうとなりました。

デジキューのサイトの「アクセス」のところを見ると、「西洋庭園近くにBBQ専用臨時駐車スペース100台あり。」と書かれていて、その下には、「会場横に駐車場がございますが、週末は大変混み合いますのでご了承ください。」とも。なんかこういうの見ると焦りますね。現地に早めに乗り込むことにしました。

駐車場の場所はピンの立ってるこの辺りですかね。

実際に着いてみると、受付開始の9:00ちょうどの時間で早かったせいか車はほとんどありませんでした。隣の広場でドラムをめちゃめちゃ叩いている音が聞こえて、なんか運動会のような雰囲気に包まれています。アウトドアブームなのにみんなBBQは意外にしてないんだなーなんて考えながら、ドラムのリズムに乗って踊りながら受付に向かいました。

受付にて

受付はたぶんあっちかな、って感じでテクテク歩いていくと、遠くに発見。

受付に向かっている途中に変な看板を見つけました。
あれ、自分は予約してBBQ会場の前に来ているんだよな。それにBBQ用の机もいくつか並べられているし。なのに、バーベキュー禁止なのか?
こういう看板はやってはいけない場所に立ててくれよな。なんか自分たちが禁じられた遊びをしてるみたいだ。

受付はすでに何組か並んでいました。受付自体はすぐに終わりました。注意事項を一通り確認したあと、区画の地図と区画を区切るロープを渡されました。

サイト紹介・タープ設営

駐車場から自分らのサイトまで結構、距離があります。なので、キャリーワゴンがないときついですね。
ただ、にわか父さんは、ちょっと恥ずかしいのですが、キャリーワゴンを持っていません。あれ、案外、高いんですよね。買っても家に置くスペースないし、車に積みっぱなしにしてもなぁという感じで。そんなわけで、代わりに家にあった台車を持ってきました。
これで十分運べる。いいんです、ダサくても。

サイトに到着。直径6mってなんだろう。デジキューのサイトにもそうやって書いてあったし。
現地で渡されたロープを広げてやっとわかりました。たしかに直径6mだな。
しかしまあ、これ絶対、タープはみ出るだろな。
秋ヶ瀬公園バーベキューの区画

タープ、テーブルをセッティングして完成しました。案の定、ロープからはみ出てしまったのですが、管理してるスタッフに何か言われたらテヘペロして許してもらおっかな。
秋ヶ瀬公園の区画

今回のデイキャンプはいつもの家族3人だけじゃなくて、文化系ママの父母や、弟夫婦も参加で総勢7人で楽しみました。いつもは3歳のむすこがうろちょろして、文化系ママがつきっきりでみてくれていて、サイト設営とかほぼ一人でやるしかなくて。でも今日はこれだけ大人がいるので、とても楽でした。

お昼の時間 / まったりタイム

お昼の様子の写真撮るの忘れちゃいました。とりあえず、おととさまが芋を割ってる写真です。
おととさま、芋を割る

公園自体はだだっ広くて気持ちがいいです。むすこもストライダーで延々と走り回っていました。いい公園です。

撤収・帰宅

区画貸しサービスだと、ゴミの回収もしてくれるのでよかったです。炭は水につけてしっかり消化してから捨ててくれと。
ゴミは最後トラックが回って回収しに来てくれたので親切でした。

今日は温泉いくつもりじゃなかったのですが、むすこが温泉いくと駄々こねてたので日帰り銭湯を探していきました。
東久留米市にあるスパジアムジャポン。関東最大級の温泉施設らしいです。ゴージャスな外観もそうなのですが、施設のすごさに圧倒されました。
スパジアムジャポン

デイキャンプは手軽でいいですね。冬キャンプは1泊するの大変だから、デイキャンプを楽しむのもありだなと思いました。お酒飲めないのが辛いけど。